TOKYO ARIAKE ARENA

NEWS

2019.07.30「有明アリーナ」運営権契約を締結

「有明アリーナ」運営権契約を締結
国内アリーナ初のコンセッション方式により、2021年8月オープンへ

株式会社東京有明アリーナは、7月30日に「有明アリーナ管理運営事業」(本事業)に関する公共施設等運営権実施契約を東京都と締結いたしました。2021年6月から2046年3月までの25年間、有明アリーナの運営を行います。民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(PFI法)に基づく公共施設等運営事業(コンセッション方式)によるアリーナ運営は国内でも初めての試みとなります。民間企業のノウハウを最大限に活用することで、世界的なスポーツイベントによるスポーツムーブメントの創出や、トップアーティストのコンサート等により新たな文化を発信するとともに、都民参加イベントまで幅広く実施し、有明アリーナを『東京の新たなスポーツ・文化の拠点』とすることを目指します。

本事業は、株式会社電通、株式会社NTTドコモ、日本管財株式会社、株式会社アミューズ、Live Nation Japan 合同会社、株式会社電通ライブ、アシックスジャパン株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、クロススポーツマーケティング株式会社、株式会社三菱総合研究所10社によるコンソーシアムにより実施します。株式会社東京有明アリーナは、同コンソーシアムの代表企業及び構成員の出資により設立された特別目的会社(SPC)です。

【本事業のコンソーシアム】

代表企業 株式会社電通 統括管理業務、運営・誘致業務
構成員 株式会社NTTドコモ ICT推進業務
日本管財株式会社 維持管理・修繕業務
株式会社アミューズ 運営・誘致業務
Live Nation Japan合同会社 運営・誘致業務
株式会社電通ライブ 運営・誘致業務
アシックスジャパン株式会社 スポーツジム運営業務
協力企業 株式会社NTTファシリティーズ 施設・インフラ整備業務
クロススポーツマーケティング株式会社 運営業務
株式会社三菱総合研究所 モニタリング業務

■事業期間
2019年7月30日から2046年3月31日まで
(コンセッション方式による運営開始は2021年6月から)

■会社概要
株式会社東京有明アリーナ 代表取締役 人見秀司
〒105-7001 東京都港区東新橋1-8-1 18F (2021年6月以降 〒135-0063 東京都江東区有明1-11 有明アリーナ施設内)

■お問合わせ
e-mail contact@ariake-arena.tokyo

■今後のスケジュール
2019年12月 有明アリーナ竣工
2020年7月~9月 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
2021年6月 コンセッション方式により運営開始
2021年8月末 供用開始(予定)
2046年3月31日 運営期間終了

■有明アリーナ施設概要

名称 有明アリーナ
住所 東京都江東区有明1-11
構造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
階数 地上5階
メインアリーナ面積 約4,100㎡ (約15,000席 ※仮設席含む)
サブアリーナ面積 約1,400㎡
ジム・スタジオ面積 約400㎡
敷地面積 36,576㎡
管理運営 株式会社東京有明アリーナ