有明アリーナの利用料金・利用案内のお知らせ

有明アリーナの利用料金・利用案内のお知らせ

平素より弊社ならびに有明アリーナに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

我々、株式会社東京有明アリーナは2022年の夏秋ごろの有明アリーナ一般開業に向けて着々と準備を進めておりますが、この度、有明アリーナの利用料金と利用案内をホームページに掲載致しました。

2021年10月(予定)ごろには利用申請の受付も開始したいと考えております。
今後のスケジュールなどもホームページに随時掲載して参りますので引続きご高配を賜れれば幸いです。

詳細につきましては、以下ファイルをご覧下さい。
利用案内について(PDF)
利用料金について(PDF)

都立スポーツ施設等における一部利用中止等について(続報)

都立スポーツ施設等における一部利用中止等について(続報)

令和2年12月22日付「都立スポーツ施設等における一部利用中止等について」によりお知らせしたところですが、
現下の厳しい感染状況を踏まえ、下記のとおり、延期することとしました。

1 一部利用中止等の期間
(変更前)令和2年12月23日(水)から令和3年1月11日(月)まで
(変更後)令和2年12月23日(水)から令和3年1月12日(火)以降当面の期間

2 今後の新規予約について
1月中の利用を対象とした新規予約については受付中止とし、2月以降の取り扱いについては別途お知らせします。

※今後の状況によっては、対象施設や利用中止期間が変更になる可能性があります。

なお、本施設において予定されている大会前利用(無観客ライブ)については、
感染症対策を徹底の上、予定どおり実施予定です。

都立スポーツ施設等における一部利用中止等について

都立スポーツ施設等における一部利用中止等について

年末・年始期間の新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止のため、『都立スポーツ施設等における一部利用中止等について』東京都より、通知がありました。

詳細につきましては、以下ファイルをご覧下さい。
都立スポーツ施設等における一部利用中止等について(PDF)

なお、本施設において当該期間中に予定されている大会前利用については、予定どおり実施予定です。

「有明アリーナ」東京2020大会前利用を実施

「有明アリーナ」東京2020大会前利用を実施

株式会社東京有明アリーナは、東京2020大会が延期になったことにより、東京都オリンピック・パラリンピック準備局および弊社コンソーシアム各社と連携し、大会延期期間において、コンセッションの開業準備業務の一環として有明アリーナで以下の事業を実施します。
新型コロナウイルス感染症の影響により、通常開催が困難となっている音楽やスポーツ等のイベントを無観客ライブ形式により実施する環境を提供することや、スポーツ体験イベントの実施などにより、有明アリーナが『東京の新たなスポーツ・文化の拠点』となり多くの方々に貢献することを目指します。

■実施内容(予定):
(1)無観客ライブ(音楽、スポーツ)等のインターネット配信
※視聴方法(配信プラットフォーム)や視聴料金等についてはイベント毎に発表します。
(2)都民参加型のスポーツ体験イベント
※新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、実施を検討します。

■実施期間(予定):
2020年9月から2021年2月末まで

■その他
〇本施設では、「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ~「新しい日常」が定着した社会の構築に向けて~」に基づき、十分な感染対策を講じていきます。利用者の皆様には、感染予防対策や安全対策へのご協力をお願いいたします。
〇本施設は、東京2020大会用の仮設物の管理や利用者の安全確保等の観点から、利用エリアや方法等に制限がある場合があります。
〇予定されている事業については、今後の新型コロナウイルス感染症の状況により、休止等を行う場合があります。

お問合わせ:
株式会社東京有明アリーナ
contact@ariake-arena.tokyo

本事業は、株式会社電通、株式会社NTTドコモ、日本管財株式会社、株式会社アミューズ、Live Nation Japan 合同会社、株式会社電通ライブ、アシックスジャパン株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、クロススポーツマーケティング株式会社、株式会社三菱総合研究所10社によるコンソーシアムにより実施します。株式会社東京有明アリーナは、同コンソーシアムの代表企業及び構成員の出資により設立された特別目的会社(SPC)です。

「有明アリーナ」運営権契約を締結 国内アリーナ初のコンセッション方式により、2021年8月オープンへ

「有明アリーナ」運営権契約を締結
国内アリーナ初のコンセッション方式により、2021年8月オープンへ

株式会社東京有明アリーナは、7月30日に「有明アリーナ管理運営事業」(本事業)に関する公共施設等運営権実施契約を東京都と締結いたしました。2021年6月から2046年3月までの25年間、有明アリーナの運営を行います。民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(PFI法)に基づく公共施設等運営事業(コンセッション方式)によるアリーナ運営は国内でも初めての試みとなります。民間企業のノウハウを最大限に活用することで、世界的なスポーツイベントによるスポーツムーブメントの創出や、トップアーティストのコンサート等により新たな文化を発信するとともに、都民参加イベントまで幅広く実施し、有明アリーナを『東京の新たなスポーツ・文化の拠点』とすることを目指します。

本事業は、株式会社電通、株式会社NTTドコモ、日本管財株式会社、株式会社アミューズ、Live Nation Japan 合同会社、株式会社電通ライブ、アシックスジャパン株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、クロススポーツマーケティング株式会社、株式会社三菱総合研究所10社によるコンソーシアムにより実施します。株式会社東京有明アリーナは、同コンソーシアムの代表企業及び構成員の出資により設立された特別目的会社(SPC)です。

【本事業のコンソーシアム】

代表企業 株式会社電通 統括管理業務、運営・誘致業務
構成員 株式会社NTTドコモ ICT推進業務
日本管財株式会社 維持管理・修繕業務
株式会社アミューズ 運営・誘致業務
Live Nation Japan合同会社 運営・誘致業務
株式会社電通ライブ 運営・誘致業務
アシックスジャパン株式会社 スポーツジム運営業務
協力企業 株式会社NTTファシリティーズ 施設・インフラ整備業務
クロススポーツマーケティング株式会社 運営業務
株式会社三菱総合研究所 モニタリング業務

■事業期間
2019年7月30日から2046年3月31日まで
(コンセッション方式による運営開始は2021年6月から)

■会社概要
株式会社東京有明アリーナ 代表取締役 人見秀司
〒105-7001 東京都港区東新橋1-8-1 18F (2021年6月以降 〒135-0063 東京都江東区有明1-11番1号 有明アリーナ施設内)

■お問合わせ
e-mail contact@ariake-arena.tokyo

■今後のスケジュール
2019年12月 有明アリーナ竣工
2020年7月~9月 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
2021年6月 コンセッション方式により運営開始
2021年8月末 供用開始(予定)
2046年3月31日 運営期間終了

■有明アリーナ施設概要

名称 有明アリーナ
住所 東京都江東区有明1-11番1号
構造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
階数 地上5階
メインアリーナ面積 約4,100㎡ (約15,000席 ※仮設席含む)
サブアリーナ面積 約1,400㎡
ジム・スタジオ面積 約400㎡
敷地面積 36,576㎡
管理運営 株式会社東京有明アリーナ

主催者の方へ